悩む男性

用いる薬の種類

悩む男性

薄毛治療といえば難しいというイメージが有るでしょう。実際以前は非常に難しく、発毛を促すことが出来ませんでした。そのためウィッグや粉を振って目立たなくする製品が発達し、長年これらアイテムが活躍してきました。薄毛治療がようやく多くの方に効果のある方法が開発されたのはつい最近で、その代表的な方法としてAGA治療があります。AGA治療にはフェナステリドとミノキシジルと呼ばれる医薬成分が用いられます。フェナステリドは男性型脱毛症を抑制する働きを持っています。街を見渡すと女性より男性の方が薄毛の割合が多い事に気がつくでしょう。これにはきちんと理由があり、実は性ホルモンに影響によって男性は薄毛が進行してしまいます。男性ホルモンであるテストステロンは酵素と結びつくとジヒドロテストステロンという物質になります。ジヒドロテストステロンは薄毛を進行させる特長を持っており、フェナステリドはジヒドロテストステロンが生成される原因の酵素を阻害します。これによってジヒドロテストステロンの生成を抑制し、薄毛の進行をストップさせることが出来ます。

ミノキシジルは血管を拡張させる働きを持っています。血管を拡張出来ると血液の圧力が分散されるため血圧が下がります。そのため高血圧の方ように開発され、長年医療現場で用いられてきました。髪が生えるためには毛母細胞が活性化されていなければなりません。歳を取るとともに毛母細胞の活性化は止まり、その原因として血管の縮小があります。しかしミノキシジルなどの血管拡張剤を使用すると毛母細胞に繋がる血管も拡張され、栄養成分が効率的に行き届くことになります。これによって活性化され、再度髪が生えるようになります。フェナステリドとミノキシジルは非常に相性がよく、AGA治療では同時に用います。実はフェナステリドだけでもある程度は薄毛改善が出来ます。しかしミノキシジルと併用することで効果を倍増することが出来るようになります。