悩む男性

タバコとアルコール

頭を抱える男性

AGA治療中は様々な事を制限する場面が出てきます。例えばアルコールなどは肝臓に負担をかけるためAGA治療薬を正常に肝臓処理出来なくなることが有ります。そのためAGA治療期間中はアルコールを避けるべきとされており、お酒が好きな方は我慢の時期になるでしょう。アルコールと同様にタバコなども控えるべきになります。タバコは百害あって一利なしとも言われるように実は薄毛を進行させる原因にもなっています。薄毛を進行させる原因として男性ホルモンのテストステロンが変化したジヒドロテストステロンの存在が有ります。ジヒドロテストステロンは薄毛を促進させる特徴があり、男性にとっては厄介な存在です。元々少なからずジヒドロテストステロンは生成されてしまいますが、タバコはジヒドロテストステロンを過剰生成させる働きがあるという研究があります。ただでさえ僅かながら生成され薄毛の原因になるのに、過剰に生成されると一気に薄毛が進行してしまいます。実際喫煙者の多くが何らかの薄毛症状を発症していると言われています。

タバコはジヒドロテストステロンを増やすだけではありません。元々タバコに含まれているニコチンは血管の収縮を促進させ末梢血管などを潰してしまいます。実はこれによって一維持的に脳内が麻痺し、気持ちいという感覚に浸ります。またニコチンやタール等は常習性を高めてしまい、日常的に血管が収縮されるという状態に陥ります。髪を生やす細胞に毛母細胞があります。毛母細胞は生まれた時を境目とし年々細胞自体の活性度が下がっていきます。20歳をピークとする考えもあり、年々細胞自体が眠る状態になり、最終的には髪の生成を止めてしまいます。元々男性はこのように薄毛になりやすい特徴がありますが、タバコは毛母細胞の活性度を下げる原因になる血管の縮小を起こします。血管の縮小が起きれば当然血液量が減り、栄養成分も下がります。元々活性度が低かった毛母細胞などはこれをキッカケとして活動を止めることになります。AGA治療期間中は当たり前ですがタバコは禁止されており、治療完了後も出来る限り減らすべきとされています。