悩む男性

ジェネリックの存在

薄毛の男性

薄毛にコンプレックスを感じ、出来る限り早く薄毛治療を行いたいという方も多いでしょう。こういう方が行なうべきなのがAGA治療です。ある程度時間はかかりますが、短い人であれば1年以内にある程度薄毛がわからなくなる程効果を発揮することも有ります。AGA治療は数ある薄毛治療の中でもダントツで効果が高く、また比較的簡単に行えるため人気があります。しかし自由診療なため保険が効かず、全額自己負担する必要があります。治療費は決して安くなく、月単位で数万円掛かってしまいます。単純に1年間続けるとすると数十万円かかることもあり、経済的にも負担がかかります。AGA治療は効果的ではあるもののこういった理由から治療を始められない方もいます。

AGA治療の料金が高い理由は医薬品が特別なものを使用しているからです。フェナステリドやミノキシジルといった医薬成分が大半を占めており、これら医薬品を安く購入できれば価格を大分抑えることが出来ます。ジェネリック医薬品などではフェナステリドと同等品のプロペシアという製品が販売されています。名前こそ違いますが成分的には同等品で、同じ効果を得ることが出来ます。日本では処方箋なしでは購入することは出来ませんが、個人輸入などのサービスを用いれば入手することが出来ます。勿論AGA治療で用いられる医薬品は安易に利用するのは非常に危険です。そのためジェネリック医薬品を購入する時は自分に合った物を選ぶ必要があり、一度はクリニックなどで相談し検査を受けることが重要になります。またフェナステリドやミノキシジルは人によって最適な容量が決まっています。そもそも容量が分からなければ購入することも出来ないです。